キレイライン矯正とは?メリット・デメリットや治療の流れを歯科医師の監修コメントつきで解説

【2021年注目】キレイライン矯正とは?費用やメリット・デメリット、安い理由を解説

  • キレイラインってどんな矯正方法?
  • 月々3000円から矯正できるって本当?

そんな方のために、この記事では以下の内容について解説します。

キレイライン矯正とは?歯が動く仕組みは?

キレイラインのメリット・デメリット

キレイラインが安い理由は?怪しくないの?

キレイラインの治療の流れは?

初回検診はどこで受けられる?

キレイライン矯正は周囲から目立ちにくいマウスピース矯正

「高額な費用のために矯正治療を諦めてほしくない」という想いで、月々約3000円*から始められるようになっています。

*一部のクリニックを除く 手数料・消費税別

ただし、最近では初回検診の予約枠がすぐ埋まってしまうことも。

提携クリニックは全国に54院あるので、以下から公式サイトでチェックしてみるのがオススメです。

\提携クリニック全国54院をチェック/

公式サイトに移動します。公式サイトで下の方にある
バナーをタップすると医院の一覧をチェックできます

以上の内容について、歯科医師・歯科衛生士のコメント付きで解説しています。

この記事の歯科医師・歯科衛生士
この記事を監修している歯科医師
この記事を監修している歯科医師
この記事を監修している歯科医師

歯科医師・矯正歯科勤務

Jun先生

都内の矯正歯科に勤務する歯科医師。ワイヤー・マウスピースを使用した多くの症例実績があり、患者さんとのコミュニケーションを大事にした治療を心がけている。

歯科医師・矯正歯科院長

Ken先生

矯正歯科医として10年以上の経験を積んだのち、東海地方でクリニックを開院。矯正歯科・インプラントなど自由診療を中心に幅広く治療を行う。

歯科衛生士・矯正歯科勤務

Kaoriさん

大阪府にあるクリニックに勤務する現役の歯科衛生士。歯科衛生士歴10年以上。矯正専門の歯科医院での勤務経験を持ち、現在も矯正治療に携わる。患者の悩みや不安に寄り添い、安心して治療が受けられるよう日々心がけている。

キレイライン矯正とは?

キレイライン矯正はマウスピース矯正の一種で、目立たず周囲に気づかれずに矯正治療ができます

初回2万円(税込2万2000円)からスタートできて、治療費の総額目安も約10~30万円と、従来の矯正方法より低価格です。

最近ではテレビCMを放映したり、日本最大級ミスコン「CampusAward 2021」のメインスポンサーになったりなど、人気ぶりがうかがえます。

画像引用:PR TIMES

また、歯並びを綺麗にして魅力的になりたい男性のための「メンズキレイライン矯正」や、3歳~12歳前後の子どもを対象とした「キレイラインKIDS」も最近リリース。

具体的にどんな点が他の矯正方法と違うのか、詳しくご説明します。

そもそもキレイラインはどんな矯正方法?

たくさんある矯正方法の中で、キレイラインはどんな位置づけなのでしょうか。

 
Name
とはいっても、矯正にはどんな種類があるのか分からない方も多いですよね。

現在主流の矯正方法は、以下のように分類できます。

歯科医師Jun先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

上の図で右下にあるキレイライン矯正は、マウスピース矯正の一種です。

それぞれの種類について、特徴を以下の表にまとめてみました。

概要・費用相場
見た目・ケア
こんな人に
種類 治療内容 費用相場の目安*
REGIONでおすすめな矯正の種類①表側矯正 ワイヤーを表側に装着 70万〜150万円
REGIONでおすすめな矯正の種類②裏側矯正 ワイヤーを裏側に装着 100万~150万円
REGIONでおすすめな矯正の種類③インビザライン 無色透明のオーダーメイドのマウスピースを装着 80万~100万円
(難しい症例だと100万~140万円)
REGIONでおすすめな矯正の種類④キレイライン 無色透明のオーダーメイドのマウスピースを装着 10万〜30万円
種類 見た目 ケアのしやすさ
REGIONでおすすめな矯正の種類①表側矯正 ✗:目立つ ✗:装置に物が詰まる・口内炎ができる・装置が外れるなど
REGIONでおすすめな矯正の種類②裏側矯正 :目立たないが、矯正装置が見えることがある ✗:装置に物が詰まる・口内炎ができる・装置が外れるなど
REGIONでおすすめな矯正の種類③インビザライン 周囲にほとんど気づかれない △:取り外し可能だが、装着時間の自己管理が必要
REGIONでおすすめな矯正の種類④キレイライン 周囲にほとんど気づかれない △:取り外し可能だが、装着時間の自己管理が必要
ホワイトニングが付属
種類 抜歯 こんな人にオススメ!
REGIONでおすすめな矯正の種類①表側矯正 必要な場合も

・目立っても気にしない
・マウスピース矯正が非適応だったが、なるべく安くワイヤー矯正したい

REGIONでおすすめな矯正の種類②裏側矯正 必要な場合も ・費用が高額になっても気にしない
・マウスピース矯正が非適応だったが、矯正装置を目立たせたくない
REGIONでおすすめな矯正の種類③インビザライン

ほとんどしない

・矯正装置を目立たせたくない
・マウスピース矯正をしたいが、キレイラインの適用範囲外だった
REGIONでおすすめな矯正の種類④キレイラインの画像 ほとんどしない ・矯正装置を目立たせたくない
・多額の費用をかけられない
・ホワイトニングもして綺麗になりたい

キレイラインの一番の特徴は、なんと言っても費用がリーズナブルであること

歯科医師Ken先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

キレイライン矯正は、従来の矯正方法の相場を覆す価格設定により、業界に大きな影響を与えました。

見た目が目立たないのも、嬉しいポイントですね。

キレイライン矯正が歯を動かす仕組み

 
Name
キレイラインではどうやって歯を動かすの?」と思った方もいるのではないでしょうか。

キレイラインを含むマウスピース矯正では、デジタル技術で自分の歯並びに合わせた精巧なマウスピースをデザインし、それを装着することによって歯並びを治していきます。

治療段階に応じて新しいマウスピースに変えていき、歯並びを綺麗なものにしていく治療法です。

歯科医師Jun先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

以前はワイヤー矯正が矯正方法の主流でしたが、最近はマウスピース矯正が徐々にメジャーになりつつあります。

歯科医師Ken先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

実際、世界中ですでに数百万人の患者さんがマウスピース矯正を行っています。特に矯正治療が進んでいるアメリカでは、さまざまなマウスピース矯正ブランドがあります。

キレイライン矯正のメリット7選

 
Name
ここからは、キレイラインのメリットについて見ていきましょう。

キレイライン矯正のメリットをまとめると、以下のようになります。

これらのメリットについて、詳しく解説していきます。

メリット① 費用を抑えて無理なく矯正できる

キレイラインの圧倒的なメリットの1つが、

  • 初回2万円(税込2万2000円)
  • 月々約3000円*からの支払いプランあり
  • 目安の総額:約10〜30万円

というコストの低さ。

歯科医師Jun先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

一般的なワイヤー矯正・マウスピース矯正の場合、費用相場は多くの場合で70〜100万円程度です。

キレイラインがなぜここまで低価格なのか、安さの理由は後ほど解説します。
キレイライン矯正が安い3つの理由 怪しくないの?

メリット② 目立たないので、周囲にバレない

様々な矯正方法がある中でも、マウスピース矯正は、矯正装置が非常に目立ちにくい方法です

上の写真を見ても分かる通り、マウスピースをしていることを他人からはほとんど気づかれません

歯科衛生士Kaori先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

接客業やモデルの方など、人に見られる機会が多い職業の方でもマウスピース矯正をされている方は多くいらっしゃいます。

矯正期間中も見た目が嫌にならないのは嬉しいポイントですよね。

メリット③ 短い治療期間で手軽に矯正できる

キレイライン矯正では、見た目に影響する前歯を中心とする範囲を主に治療するので、治療期間が短く抑えられます。

個人差はありますが、目安の治療期間は、5ヶ月〜1年3ヶ月(保定期間を除く)。

一般的な矯正方法よりも短い期間で治療を終えられる可能性があります

歯科衛生士Kaori先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

結婚式や成人式のイベントに向けて矯正治療を始める患者さんにとっては、治療期間は大事なポイントですね。

メリット④ すぐに治療をスタートできる

キレイラインでは、型取り〜治療開始の期間が従来のマウスピース矯正の半分以下です。

型取りをしてから治療開始まで、通常のマウスピース矯正では1ヶ月~2ヶ月かかることもあり、そうすると治療の開始が遅れてしまいます。

歯科医師Ken先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

例えばインビザラインの場合、アメリカで製造したマウスピースを日本まで輸送するため、治療開始まで2ヶ月ほどかかります。

一方、キレイラインなら型取りから治療開始まで最短3週間

※提携医院の混雑状況により、お受け取りまでの期間が延びる場合があります。詳細はクリニックにお問い合わせください。

 
Name
「矯正したい!」と思ってからすぐに治療開始できるのは嬉しいポイントですね。

マウスピースの製造を日本で行なっているので、スムーズに進めることができるのです。

メリット⑤ 痛みが少ないので安心

 
Name
矯正と聞くと、「痛そう…」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、治療方法などによってはかなりの痛みがある場合もあります。

歯科衛生士Kaori先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

ワイヤー矯正の場合、痛みで夜眠れなかったり、何も食べられなかったりする患者さんもいらっしゃいます。

歯列矯正による痛みは主に2種類。

  1. 歯を動かすことによる痛み
  2. ワイヤー矯正で、装置が口内に刺さることによる痛み(口内炎の多発など)

しかし、どちらの痛みについても、キレイライン矯正であれば大幅に改善されます。

①歯を動かす痛み:2段階の硬さのマウスピースで痛みを軽減

キレイライン矯正を含むマウスピース矯正では、マウスピースの形を少しずつ変えていくため、歯を動かす痛みは従来のワイヤー矯正に比べて小さく抑えられます。

歯科医師Ken先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

以前ワイヤー矯正を経験された患者さんがマウスピース矯正を始めると、痛みの少なさに驚かれることもあります。

さらにキレイライン矯正では、痛みを少しでも和らげるために、2種類の硬さのマウスピースを使用

初めは薄い素材のソフトマウスピース、慣れるにしたがいハードマウスピースと段階を上げていきます。

一番痛みが出やすい最初の時期から強い力をかけることがないため、痛みが出づらく安心です。

②口内の痛み:マウスピースはなめらかなので痛くない

ワイヤー矯正の場合は、下の画像のように口の中や舌が傷つくことがあります。

しかしキレイライン矯正の場合、マウスピースは表面がなめらかなので口内が傷つくことはありません

歯科医師Jun先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

ワイヤー矯正ではひどい場合だと急いで歯科医院に駆け込まないといけないような場合もあるので、痛みの心配が少ないのは安心できるポイントです。

メリット⑥ いつでも好きなときにやめられるので、気軽にスタートできる

一般的な矯正治療では、最初に決められた計画どおりに治療を最後まで進めるのが常識。
「総額100万円」のように費用を最初にまとめて支払うことも多いです。

ですが、

  • 実際に始めてみたら思っていたのと違った…
  • 痛みが激しすぎてやめたい…(特にワイヤー矯正の場合は痛みが激しい)
  • 生活が忙しくなってしまって、矯正を一旦やめたい…

というケースも少なくありません。

そこで、キレイライン矯正は「治療したい分だけ契約する」という方式を採用。

治療を継続するかどうか、あくまで自分主体で決めることができます

歯並びの状態に満足すれば、途中で終了することも可能です。

気軽に始めてみて、やっぱりやめようという選択もできるので、矯正が気になっているものの様々な不安がある人にはピッタリです。

メリット⑦ ホワイトニングも同時にできて、歯が白く美しく

矯正治療をする大きな目的の一つが、見た目を良くすることだと思います。

ですが、矯正で歯並びが治っても、歯自体がきれいでなければ口元の美しさは得られないのが現実。

歯科衛生士Kaori先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

実際、矯正治療が終わった後にホワイトニングの治療を受けに行く患者さんも少なくありません。

ただし、キレイライン矯正ならホワイトニング剤が標準で付いてくるので、歯並びを整えながら同時に歯も白く綺麗にすることができます。

歯の色が白いだけで、見た目の印象が大きく変わります

ホワイトニング剤2本を上顎に使用した場合

※効果には個人差があります。※治療状況により異なります。

ちなみに、矯正治療と同時にホワイトニングができるのは、マウスピース矯正ならではのメリット

 
Name
治療中も見た目の心配どころか、逆に自信が付きそうですね。

ホワイトニングの方法は、マウスピースにホワイトニング剤を入れて歯に装着するだけ。とても簡単です。

\提携クリニック全国54院をチェック/

公式サイトに移動します。公式サイトで下の方にある
バナーをタップすると医院の一覧をチェックできます

キレイライン矯正のデメリット

デメリット① マウスピース装着の自己管理が必要

キレイライン矯正の場合、従来のワイヤー矯正と違ってマウスピースをいつでも外すことができます。

便利ではありますが、十分な矯正効果を発揮するには1日20時間以上の装着が必要なので、装着時間を自己管理しなければなりません

また、食事の際はマウスピースを外さなければいけないので、食事ごとにマウスピースのつけ外しが必要になります。

歯科医師Jun先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

マウスピース矯正の生活に慣れてしまえば自然とできるようになりますが、始めてすぐの間は意識するようにしましょう。

キレイラインの公式アプリにはマウスピースの装着時間を記録する機能があるので、日々記録してモチベーションを維持できます。

 
Name
アプリでのサポートがあるので、続けられそうですね。

デメリット② 約7~10%の人が適応外の症例

キレイライン矯正の適応範囲は、前歯を中心とした範囲。

そのため、一部の方の歯並びは、キレイライン矯正で治療できない場合があります

過去のデータでは、患者さん全体の1割程度がキレイライン矯正を使えない歯並びでした。

  • 2019年11月:10.6%程度
  • 2019年12月:7.4%程度

※高田馬場駅前矯正歯科の実績値です。拡大床、IPR、抜歯による治療を含む矯正治療を対象としています。

キレイラインで治せるかどうかは、初回検診で相談!

自分の歯並びがキレイライン矯正で治せるかどうかは、初回検診で調べてもらうことができます

 
Name
キレイラインが使えなかったとしても、3次元スキャナーなどを用いた詳しい検査で自分の歯並びがよくわかるので、参考になりますよ。

本当はキレイラインで治せるのに他の矯正方法を選んだ場合、数十万円以上の費用が余分にかかる場合も。

そのため、少しでも気になる方はまずは初回検診で医師の診察を受けることをおすすめします。

歯科医師Ken先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

矯正治療を始める際には、患者さんご自身の考えで判断するのは難しいので、まずはクリニックの初回検診などに行ってみるのがおすすめです。

\提携クリニック全国54院をチェック/

公式サイトに移動します。公式サイトで下の方にある
バナーをタップすると医院の一覧をチェックできます

キレイライン矯正が安い3つの理由 怪しくないの?

キレイライン矯正は従来の矯正方法に比べて低価格なので、「怪しくないか心配…」と感じる方もいるかもしれません。

ですが、キレイライン矯正が安いのにはしっかりした理由があり、それを実現したからこそ業界を変えるようなインパクトを与えているのです。

主な理由3つについて、ご説明します。

安い理由① 利益を抑える徹底した企業努力

  • 歯科矯正を諦める人を一人でも減らしたい
  • 一人でも多くの人が、キレイな歯で自信をもって自分らしく笑えるようにしたい

という想いから始まったキレイライン矯正。

これだけ認知が広まった現在でも、粗利を抑えて、価格を原価ギリギリに設定しています

保険が適用されない自由診療でありながら、利益を追求せず患者さんファーストの治療を行なっているのです。

歯科医師の利益はかなり減ってしまいますが、歯科矯正治療を諦めてほしくないという想いを持つ歯科医師協力のもと、この価格が実現できているとのこと。

安い理由② マウスピース矯正の採用・デジタル技術の活用で人件費を削減

画像引用:キレイライン公式

従来のワイヤー矯正では、ワイヤーの装着や調整を歯科医師の手作業で行っていたため、歯科医師の人件費がかさんでいました

歯科医師Ken先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

ワイヤー矯正で装置を取り付ける作業は技術も必要で、歯科医師の腕に左右されてしまう部分もありました。

一方キレイライン矯正であれば、マウスピースの装着は患者さん自身で簡単にできるので、その分歯科医師の労力を減らすことができます。

さらに、距離0.05ミリ単位、角度0.5度単位でマウスピースを調整できる3Dプリンタなど高精度なデジタル技術を活用

 
Name
様々な効率化でコストカットすることで、低価格を実現しているんですね。

安い理由③ 見える範囲に特化して効率的に治療

矯正治療を行う一番の理由として多いのが、「見た目を良くするため」というもの。

そこでキレイライン矯正では、見た目に大きく影響する前歯を中心とした範囲を中心に治療を行います

そうすることで、マウスピースの枚数や期間などを効率化することができ、低価格につながっているのです。

 
Name
気になる部分だけサクッと治せるのは便利ですよね。

キレイラインは低価格でも安心!

キレイラインの価格がリーズナブルであるのには理由があり、決して治療の質が低いわけではないことがわかりました。

さらに、キレイラインには安心して治療を受けられるポイントが2つあります。

安心ポイント① アメリカで治療経験を持つ医師が監修

キレイライン矯正の治療プログラムを監修しているのは、「矯正先進国」とも言われるアメリカで専門トレーニングと臨床経験を積んだ歯科医師

歯科医師Jun先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

アメリカでは歯科矯正が日本よりも普及していて、それゆえ先進的な治療技術や幅広い治療法が存在しています。

日本の歯科業界をリードするような歯科医師が監修しているので、治療内容についても安心できますね。

安心ポイント② 日本の歯科技工士がマウスピースを制作

医師の指示に基づいてマウスピースを制作するのは、日本の国家資格を持った歯科技工士です。

マウスピース矯正によっては、特に資格を持たない素人の方が歯の動きをデザインしている場合もありますが、キレイラインでは歯科技工士が厳しい研修とトレーニングを受けてからマウスピースを制作しています。

\提携クリニック全国54院をチェック/

公式サイトに移動します。公式サイトで下の方にある
バナーをタップすると医院の一覧をチェックできます

キレイライン矯正の治療の流れ

 
Name
キレイラインの口コミや評判がわかったところで、実際に治療を始めた後の流れを見てみましょう。

① 提携クリニックで初回検診

問診票に記入した後、歯並びや噛み合わせなど、歯と顎の状態の診査・診断を受けます

自分の歯並びがキレイラインで治療できるかどうか知ることができ、キレイライン適応の場合は診査結果をもとに治療計画が立てられます。

初回検診は料金が3500円ほどかかりますが、これは精密な検査まで行うため

  • 一般的な「無料初診カウンセリング」
    ⇒医師やスタッフと話をするだけで、詳しい検査などは行わない
    (精密検査は別で数万円など費用がかかる)
  • キレイラインの初回検診
    CT・セファロ撮影や口腔内スキャン*まで行い、歯並びを診断して治療法を提案してもらえる
    (クリニックにより内容は微妙に異なります)

*:提携クリニックにより設備が異なります。

キレイライン非適応だった場合でも、詳細な検査結果から自分の歯並びの状態が詳しくわかるので、参考になります。

初回検診で相談してみて、やっぱりキャンセルすることも可能なので、気軽に相談に行ってみましょう。

歯科衛生士Kaori先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

最低でも10万円以上はかかる矯正治療の方向性が、最初の初回検診で決まるので、ためらわずに気になったらまずは初回検診に行ってみるのがおすすめです。

\提携クリニック全国54院をチェック/

公式サイトに移動します。公式サイトで下の方にある
バナーをタップすると医院の一覧をチェックできます

初回検診が受けられる提携クリニックについては、キレイライン矯正ができる提携クリニックをご覧ください。

② キレイライン矯正を始めるか判断

キレイライン矯正の治療を受けるかどうかを判断し、始める場合は同意書を記入します。

まずは一回だけ2万円(税込2万2000円)で試してみる、という選択も可能です。

治療を受けない場合、初回検診の約3500円以外の費用はかかりません。

③ 型取り・マウスピース製作

マウスピースを作成するための歯型を採取してもらいます。

所要時間は初回60分程度、2回目以降は30分程度です。

※提携医院によって所要時間は多少異なります。

この歯型データと担当医指示のもと、日本の国家資格を持つ歯科技工士が専用のマウスピースをデザイン&製作します。

④ マウスピースの受け取り・治療開始

歯型の採取から約3週間後、クリニックで硬さの違う二種類のマウスピースを受け取ります

※提携医院の混雑状況により、お受け取りまでの期間が延びる場合があります。詳細はクリニックにお問い合わせください。

このとき、着用時の注意や保管方法などについて教えてもらい、マウスピースを受け取った日から使用開始できます。

⑤ 2回目以降の検診

治療開始後は、定期的にクリニックに通って検診を受けます

目安として、都度払いの場合は「1カ月半(45日)に2度」、コース契約の場合は「3ヶ月に2度」のペースで通院します。

2回目以降の検診では、矯正の進行度合いを医師と相談しながら、治療を継続するかどうかを決めます。

 
Name
途中で終了することもできるので、気軽に相談しましょう。

⑥ 治療終了・保定期間

矯正治療の終了後は、保定期間と呼ばれる期間に入ります。

保定期間では、歯並びの後戻りを防ぐために保定装置(リテーナー)を装着します。

リテーナーの装着時間は最低1年間は1日20時間以上で、その後徐々に装着時間を減らし、2年目以降は夜間のみの装着が推奨されています。

キレイライン矯正ができる提携クリニック

キレイライン提携クリニック 3 つの安心

提携クリニックでは、キレイライン矯正で治療を行う上で、3つのポイントを大切にしています。

  • 一定の基準をクリアした⻭科医院のみを厳選
  • 矯正治療の費用体系はどこの提携医院でも同じ
  • 初回検診を受けた後に帰宅してから検討できる

キレイライン提携クリニックは全国に約50院あるので、近くに提携クリニックがあれば、ぜひ一度初回検診に行ってみてくださいね。

 
Name
初回検診が受けられるクリニック一覧は、下のボタンを押した先のページで「初回検診に申し込む」からも確認できます。

\提携クリニック全国54院をチェック/

公式サイトに移動します。公式サイトで下の方にある
バナーをタップすると医院の一覧をチェックできます

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄

location_on北海道・東北

北海道
宮城

location_on関東

東京
神奈川
埼玉
千葉

location_on中部

新潟
愛知
石川
静岡
三重

location_on関西

大阪
兵庫
京都

location_on中国・四国

岡山
徳島

location_on九州・沖縄

福岡
熊本

東京都で提携クリニックのある駅

高田馬場
銀座
渋谷
池袋
新宿
新宿三丁目
新宿御苑前
竹ノ塚
八王子
六本木
自由が丘
蒲田
仙川
原宿
氷川台
糀谷
赤坂
赤坂見附
溜池山王
赤羽

\東京都内でクリニックを選んで/

公式サイトに移動します。公式サイトで下の方にある
バナーをタップすると医院の一覧をチェックできます

神奈川県で提携クリニックのある駅

横浜
子安
茅ヶ崎
横須賀中央

埼玉県で提携クリニックのある駅

大宮
新田

千葉県で提携クリニックのある駅

千葉
船橋

大阪府で提携クリニックのある駅

梅田
心斎橋
難波
桃谷

岡山県で提携クリニックのある駅

岡山
倉敷
茶屋町
備前西市
邑久
大多羅

福岡県で提携クリニックのある駅

天神
博多
提携クリニックが近くにない場合は?
キレイライン矯正を受けるために、県外から通院している患者さんも多いそうです。通院の費用や、緊急時の対応などを考慮した上で、キレイライン矯正を検討してみましょう。
実際に、大手のマウスピース矯正ブランドで矯正治療を行う場合よりも、交通費を含めてもキレイライン矯正の方が安く、早く治療が完了する場合もあります。初回検診で相談して考えてみることもオススメです!
歯科衛生士Kaori先生のコメント
この記事を監修している歯科医師

矯正治療では、希望する治療を受けるために遠方から通われる患者さんも少なくありません。

キレイライン矯正に関する疑問を解決!

キレイライン矯正について、まだまだ疑問点がある方のために、公式サイトのQ&Aから重要なものをまとめてみました。

拡大床(拡大装置)の費用を教えて下さい。

拡大床の費用は、キレイライン提携クリニックで一律片顎4万円(税込4.4万円)です。

拡大床は、キレイラインの矯正治療の一環ではなく、医師の判断に基づいて行われるクリニックでの治療に該当します。

拡大床の詳しい料金や、必要・不必要は、提携クリニックへ問い合わせてみてください。

歯を削ることはありますか?
  • キレイライン矯正は、「健康な歯をできるだけ抜かない・削らない矯正治療」が基本方針です。
  • 矯正治療を行う上で、歯を削ることが必要不可欠な場合のみ歯を削ります。
  • 拡大床の併用によってスペースを確保できる場合、健康な歯はなるべく削りません。
  • ただし、拡大が進んだ結果として、削る処置が必要なケースもあります。

※拡大床・IPR(削る処置)は医師の判断のもと行われる「クリニックでの治療」に該当します。詳細は提携クリニックへ問い合わせてみてください。

キレイライン矯正を始めたいです。未成年の場合、保護者の同行は必要ですか?

未成年の場合、保護者の同行は必要ありませんが、同意書は必要です。
※同意書がない場合、初回検診を受けることができません。

同意書は、キレイライン申し込み後にメールでの案内もありますが、下のURLからアクセス可能です。

■未成年者 同意書■
https://kireilign.com/douisho.pdf

虫歯があってもキレイラインで矯正できますか?
  • 虫歯の場所によっては、矯正を行いながら治していくことも可能です。
  • 矯正治療は、虫歯を治してから行うことがスタンダードですが、虫歯の箇所によって矯正治療完了後の方が治療しやすいケースもあります。
  • 具体的な治療方針は、提携クリニックの医師と相談してみてください。
抜歯をすることはありますか?
  • キレイライン矯正は、「できるだけ健康な歯を抜かない・削らない矯正治療」が基本方針
  • 抜歯をしないと、矯正治療に必要なスペースを確保できない場合にはするケースも。しかし、拡大床の併用や、IPR(削る治療)によって対処できる場合には、健康な歯を抜くことはありません
  • 抜歯を必要・不必要や、詳しい治療方針は、提携クリニックの医師と相談してみてください。

キレイライン矯正のまとめ

ここまで、キレイライン矯正の仕組みや特徴、効果、評判などについて説明してきました。

この記事の要点をまとめておきます。

  • キレイライン矯正は、目立たないマウスピース矯正の一種
  • 初回2万円(税込2万2000円)からの低価格で、気軽に矯正を始められる
  • ホワイトニングも同時にできる
  • 適応外の場合もあるので、初回検診で相談しよう
  • 低価格には正当な理由があり、安心して治療できる
  • 提携クリニックは日本全国50院以上で、どの医院でも同等の治療が受けられる

キレイライン矯正がおすすめなのは、以下のような人です。自分が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

なるべく費用を抑えて歯並びを整えたい

矯正していることを周囲にバレたくない

結婚式や成人式などのイベントまでに口元を綺麗にしたい

ホワイトニングも同時にして綺麗になりたい

よく分からない場合は、気軽に初回検診で相談するのがオススメ!

「矯正に興味があるものの、何から始めればよいか分からない…」という方は、まずはキレイラインの初回検診で医師に相談してみましょう。

同じ歯並びであっても、キレイラインが本当は使えたのに他の治療法を選択した場合、数十万円以上の費用が余計にかかることになります。

 
Name
まずキレイラインが使えるかどうかを知ってから、他の矯正方法を考えると効率的です。

\提携クリニック全国54院をチェック/

公式サイトに移動します。公式サイトで下の方にある
バナーをタップすると医院の一覧をチェックできます

歯列矯正についてもっと知りたい方は

「費用や種類など、矯正治療のことをもっと詳しく知りたい!」という方は、以下の記事を読んでみてください。